還暦の意味を理解して最高の還暦祝いのプレゼントを

Pocket

・還暦の意味

みなさんが良くご存知の干支は子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」という12種類ですよね?
この数え方だと干支は12年で1回りするため自分の生まれた年の干支が戻ってくるまでに12年間かかる事になります。

干支は十干十二支(じっかんじゅうにし)とも呼ばれ、他の数え方をします。
上記した12種類の干支に、さらに「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」という10種類の「干」を
組み合わせて名づける方法です。例えば平成元年生まれだと己×巳で?つちのとみ’となります。
この方法だと、それぞれの年の干支は60通りある事になるので生まれた年の干支にたどり着くには60年間かかる事になります。

生れた年の十干十二支(干支の別名)にたどり着く、還ってくる年を還暦と言います。

人はなんと60年もかけて生まれた年の干支に戻る事ができるのです。昔はこの還暦にたどり着く事なく
他界する人も少なくなかったため、60年生き抜く事、還暦を迎える事は長生きの証としても祝うべき節目でした。

 

・還暦が人生の節目

少子高齢化の現在、60歳は長生きとは言わず、まだまだ人生を楽しむ現役ですよね。
「還暦だなんて年寄り扱いするな!」まだまだ活躍していられる方は特に気分を害する事もあるくらい!
日本は長寿命国でこれから100歳まで生きる事も当たり前の時代となるかもしれません。

だとしたら60歳というのは人生の折り返し地点です。またやはり体力的に、自らの生活を見直す
時期でもあり、節目である事に違いありません。長くも限りある人生です。
もし何の区切りもなかったらのっぺりとしたつまらないものになってしまうかもしれません。
30歳、60歳、90歳、区切りや節目をつけるポイントは
人によって違います。

還暦は人生を意味あるものにするための儀式です。

 

・還暦祝いの意味

日本には昔から身近な人やお世話になっている人の還暦を祝う習慣があります。
大切な人の節目を祝いプレゼントをあげる事で様々な気持ちを伝えるのです。
例えば育ててくれた事へ感謝であったり、長い就業生活を労うものであったり…
大事な人の節目にプレゼントや手紙、メッセージを贈る事で相手の儀式への祝祭の気持ちを伝えるのです。

・還暦祝いのプレゼント

父や母、祖父や祖母の還暦祝いに気持ちを伝えるプレゼントはどのようなものが
適しているでしょうか?法律に従った単なる長寿祝いというだけでなく、大切な人の大事な節目を人生の儀式として
重んじ、気持ちを伝える事の出来るプレゼントにはどのようなものが摘しているでしょうか?
適切なプレゼントを贈る際に何を贈るのかという事も大事ですが気持ちをどう伝えるかが肝心です。

 

・還暦祝いに赤いものの意味

還暦というのは前述した通り、生まれた干支にまた還る事のお祝い
でもあります。赤ちゃんに戻る、という意味合いを含めて赤い物をプレゼントする
風習もありますね。

赤ちゃんにちなんで赤いちゃんちゃんこや頭巾をプレゼントするという
習慣もまだ根強く残っていますが、60歳現役時代!まだまだ若い男女達です。
形にとらわれずその人のライフスタイルに合ったプレゼントを選びたいものですね。

例えば赤い傘や赤い湯飲みなど、‘赤い’ものでも工夫して還暦祝いの相手が
喜んでくれるようなプレゼントにしましょう。
また、とっておきの記念となるプレゼントにするにはメッセージを一緒に贈ったりするのも効果的です。
プレゼントに名前を入れたりする思いやりや気遣いも嬉しいものです。きっと思い出の1品となる事でしょう。

形にとらわれる必要はありませんが、たとえそのプレゼントがありふれた
ものであったとしてもちょっとした工夫で還暦を迎える相手にお祝いの気持ちが
よく伝わるプレゼントにしてあげられるとよいですね。